相模原で障害者の雇用・就労支援〔就労継続支援B型・就労移行支援〕を行う障害福祉サービス施設

障害福祉サービス施設
(就労継続B型・就労移行支援事業所)

利用者の声

個別パソコン

HP制作・PC講師担当

ホームページ担当 男性
 自分は掛かりつけの病院でここを紹介されて知りました。
始めはデイケアにする予定でしたが、就労支援サポートの種類としては軽いものから、「デイケア → 就労継続支援B型 → 就労継続支援A型 → 就労支援」とあります。
そこで、施設の対象者や活動内容をパソコンなどで調べた結果、ある程度の障害を持っていて、生活のリズムを整えつつ社会復帰までのことを考え、今の自分は就労継続支援B型の施設を利用することが一番最適であると思い、現在の「ともに会のシェーン」に、通所することに致しました。
元々パソコンをよく使う仕事をしていたので、是非ということで、HTMLやCSSなどコンピュータ言語を使うホームページ作成の作業を、入所した翌日から行っています。
最終的な目標は、一般的な会社の障害者枠で働くことですが、今現在の自分の置かれている立場を考えると、ホームページ作成の設計からコーディングまで、主力として任せてもらえるようになることかと思っています。
今後、病気が軽くなって来たら、以前働いていた組み込み・制御系の設計開発をしていたので、できることなら、同じ職種で仕事をしたいと考えております。
ホームページ担当 男性
 私は障碍者と認定されて(発症してから4~5年後に障碍者認定されました)、市役所(座間市)に相談に行った際に、PCを使う作業所があると、シェーンを紹介されました。
他にどうしたらいいのかがわからなかったので、試しに的な感覚で入りました。
私がシェーンに入ったのは2011年の8月でした。この頃はHP制作チームも存在せず、毎日軽作業をしていました。
2012年の5月頃からHPの制作始めることとなり、web制作未経験であったにも拘らずにHP制作班に入ってみました。
最初の頃は指導する人もおらずに、何をしたらよいのかもさっぱりわかりませんでしたが、そのうちに指導員、web制作経験者、Javascript経験者など入り、HP制作班も活気づきました。
殆どの方はシェーンを卒業してメンバーも入れ替わりHP制作班では最古参となりました。
PC講師担当 男性
 自分は通っていた、精神科の病院の先生に教えてもらい存在を知りました。
シェーン相模大野にはPC講師の作業があったので、自分のマイクロソフトオフィス系の作業の練習にもなると思い、シェーン相模大野のPC講師を選びました。
自分はPC講師を主にやっていて、PC作業チーム側の雰囲気は、連携をとりつつ人との対話を主にしてやっており、時には自由に意見をいったり、仕事の情報を教えあったりと対人関係改善に向いているかと思います。
また、職員さんにも、いつでも相談ができ、気楽な気持ちで通えています。
PC講師は、施設外作業がメインで、お客様相手に教えるのがメインになるので、自分の意見を言えるのは担当の職員さんがメインになり、お客様には懇切丁寧に作業することが多いです。
将来はマイクロソフトオフィス系のスキルを身に着け、継続して勤務できるようになり、事務系の仕事に就けるといいなと思っています。
PC講師担当 男性
 私は、相模原市南区役所で、就労移行支援のサービスの存在を知り、シェーン相模大野に入ることを決めました。
シェーンでは各作業ごとに、メンバーさん同士の連携が取れていて、困ったことが起こってもそれぞれ、協力して仕事に取り組める雰囲気です。
そこで私は、パソコン講師補助と、Web作成を担当しております。
そして、将来的には障がい者雇用枠での就労で、Web作成もできる事務職を目指しております。
パソコン講師補助に関してですが、パソコン講師補助でのやりがいは、受講生の方と一緒にパソコンを学んでいけることだと思います。
受講生の方のPCスキルの上達は、私たちパソコン講師補助にとっての一番のやりがいです。
PC講師担当 男性 相模大野
 私はさがみはら若者サポートステーション様というところからのご紹介で、シェーンを知りました。
入ろうと思ったきっかけは、ハローワークでワードやエクセル、パワポが使え、MOSの資格が取れると有利だということで、その勉強ができる、作業所や、訓練所などを探し、ここに行きつきました。
シェーンでオフィスソフト系の勉強をし、PC講師という作業の担当になりました。
私の今の仕事場は偶然にもさがみはら若者サポートステーション様でPC講師をしており、そこの生徒さん達は学術的で学習意欲が高いので自分の刺激にもなります。
今後はオフィスソフト(現在エクセル・パワーポイント取得済み)を使うような業務を希望しております。

軽作業

軽作業・農業・清掃担当

軽作業担当 男性
 相談支援所の方の紹介でパンフレットを渡されて、作業所は初めてでしたが、普通の職場へ入る前段階として入ることにしました。
仕事はそれほど難しくなく、熱いときは冷房も効いているので作業環境は快適です。
シェーンの雰囲気は仕事があるので自分はあまりしゃべる暇がないですが、程よく周囲の話を聞きながら、進められるので心地いいです。
最終的には、普通の仕事、スーパーマーケットなどのパートを考えています。
軽作業・農業担当 女性 橋本

 相模原若者サポートセンターに相談でお世話になっていた際に「新しい作業所が橋本に出来るらしいですよ」とシェーンを教えて頂きました。
ちょうど作業所を探していた私にとってシェーン橋本は最寄り駅から近かったというのもありますが、原付バイクで通いたかった私には駐輪場スペースがあるというのはとても魅力的でしたし、何よりも出来たばかりの事業所でしたので新しく一緒にスタートを出来そうだなと感じたのが一番のきっかけでした。
シェーン橋本はとても快適で、室内は木の温もりに溢れており、大きな窓から外の光も入ってくるので閉塞感がなく過ごしやすく、雰囲気もわきあいあいとしているので居心地がいいです
また、職員さんは小さな事でも耳を傾けて、話を聞いて下さるのでとても話やすく、相談もしやすいです。
私は軽作業から、雑草処理、野菜収穫、データ入力、フードケアでの軽作業、お祭りでのボランティアなどいろいろな作業に参加しており、就職に向けての健康と体力、精神力作りができると思っています。
最終的にはこつこつと取り組めるデータ入力的な事務職に就ければと思っています。

軽作業・農業担当 女性 橋本

 私はどこか働くための準備ができる所を探していました。
そんな時たまたま市役所でシェーンのことをきいて知りました。
通っていた病院あいクリニックのすすめがきっかけで、入ることに決めました。
シェーンでの生活は自分の意見を言いやすいため雰囲気がよく快適です。
私は畑の収穫や軽作業をしていて、目標は長く続けていくことです。